teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


線路撤去が

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 9月10日(月)01時13分23秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  本日、月潟に向けて線路沿いの中ノ口川の土手道を車で走っていた所、笹川邸を過ぎた付近に重機が鎮座。「何か工事?」と思ってみたところ

「線路が切られていました!」

遂に本格的な線路撤去が始まりました。今の所、味方~白根と白根~千日の区間です。白根駅の前後は既に撤去してありますのでそんなに多くは撤去されていませんが、昨今の鉄価格の高騰で今が売り時なのでしょう。

そんな訳で越後交通長岡線の与板地区の線路も最近剥がされたと聞いています。こちらは廃止から35年も経過してるのに・・・放置していたのも凄いですが、今更撤去したのもいやはや・・・
 
 

更新&お知らせ

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 8月10日(金)03時05分27秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  更新が遅れまして申し訳ありません。月潟図書館での夏休み企画の「電鉄写真展」が今回、「蒲原鉄道編」として開催しております。8月5日から大道芸フェスティバルの行われる9月23日までの公開で行います。尚、月曜日は休館日ですので注意してください。

電車道は、先月7月16日発生した「新潟県中越沖地震」についてです。ライフラインは相当復旧しましたが、半月以上経過した現在も鉄道は復旧していません。余震もある上での復旧は困難だと思われます。
 

無事です!

 投稿者:前澤康雄メール  投稿日:2007年 7月16日(月)19時45分48秒 p7151-ipad11niigatani.niigata.ocn.ne.jp
返信・引用
  詳細はココでは省略しますが、私は無事ですのでご安心を  

地震状況

 投稿者:丸山  投稿日:2007年 7月16日(月)16時43分42秒 wbcc1s08.ezweb.ne.jp
返信・引用
  月潟駅ですが、特に問題はありませんでした。

会員の中にも被害地域の方もおりますので心配であります。
 

更新しました!

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 7月11日(水)01時31分21秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  今月も遅くなりまして失礼しました。
月潟まつりにはたくさんの方からいらっしゃっていただきありがとうございました。

さて、今回の電車道ですが、先日電鉄線の架線が月潟駅を除いて撤去されました。今回は架線についてです。
 

Re: 少々訂正

 投稿者:昭和の電鉄少年  投稿日:2007年 7月 4日(水)00時09分45秒 wgpproxytn0101.skyweb.jp-t.ne.jp
返信・引用
  > No.275[元記事へ]

satoさんへのお返事です。

SATO様、貴重なお話し有難うございます。
実は昨年位に、管理人の丸山氏か、現在月潟で眠るクハ51号に牽引された緑クリームの旧長鉄車輌の画像を見付け出し、近しくしてるかぼ電保存会の皆様と話題になった事がありました。私が燕駅裏で見たのは、赤クリームの1両しか覚えてないので、もう1両ある事も知らなかったのです。私自身鉄道マニアでないので、専門的な事はよく判りませんが、栃尾美術館で知った長鉄&栃鉄カラーの緑クリームでなく、旧長鉄車輌の赤クリームの上に緑が塗られたものなんですね。
現在、JR2番ホーム吉田寄りにタチアオイが花盛りですが、そのナイフみたいな尖んがりホームの周辺に、弥彦線が昭和59年に電化するまで国鉄と電鉄を結ぶポイントがありました。そこから昭和48年に入線?した旧長鉄車輌は、5年程燕の格納庫で過ごし、その後↓の証言通り、大野で無惨な生涯を過ごしたんですね。
小学校入学前後の記憶でかなり曖昧ですが、大野に旅だったその後の燕駅裏木造格納庫は‥お化け屋敷ならぬ、台風で外壁が飛ばされたみたいな柱ばかりの姿となり、数年後には解体されました。
又何かあったらいろいろ教えて下さい。大変有難うございました。
 

七夕を飾りました。

 投稿者:内山 博明メール  投稿日:2007年 7月 2日(月)23時55分41秒 ZE044192.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
   毎度ご来場いただきましてありがとうございます。また6月22,23日の月潟祭りに多くの方々からご来場いただき保存会としてお礼申し上げます。
 さて恒例ですが駅構内に七夕飾りを7月1日に設けました。短冊は月潟祭りで皆様方より
作っていただいたのを飾ってあります。また七夕飾りの脇に短冊を用意してありますので
ご自由にお書きください。
 短冊には子供さんから大人の方々までいろんな願いが書かれており、かわいいのから
目標達成までがんばってほしいのもありました。
 7月は車両補修もかねて車内を開けてることがありますのでお気軽にお越しください。
 

少々訂正

 投稿者:sato  投稿日:2007年 7月 1日(日)20時35分53秒 i121-117-22-106.s04.a015.ap.plala.or.jp
返信・引用
  ↓の旧越後交通長岡線車両の件ですが、うろ覚えの中での話なのでいい加減なのもまずいなと思い、写真を探し出し確認しましたので正確なところを報告します。
まず、その年が最後かどうかわかりませんが、写真を撮ったのはどうも1982年のようです。(その後に上越新幹線試乗の写真がありましたので)車両のすぐ前あたりに人道踏切?があり、そこから撮影したようでした。車両はドアが開放されいつでも出入り自由状態で、窓ガラスは投石か何かで割れていてかなり悲惨な状況でした。側線には2段階で入れなければ入線出来ない状況にあり、一両ずつ入線させたのだと思います。そのうち東関屋寄りにあったのは、クリームの下地に赤い部分を緑に塗られたものであり、中央に新潟交通マークが
描かれていて、右前方と左後方の扉は、かぼ電色のドアに変えてありました。車内は座席と
その骨組みが取られて前述通り油まみれでした。ちなみにこちらは越後交通ではクハ1452として在籍していたようです。
一方の燕寄りに有った車両は色はそのままでサイドにはEKKの文字が消された跡があり、サボ受けもそのままでした。その下の車番は1455となっておりそのまま残ってました。この車内はシートを取っただけの状態でした。まあこんな状況で晩年の越後大野駅を過ごしたものと思います。また何かありましたら報告します。
 

やはり長鉄でしたか・・・。

 投稿者:昭和の電鉄少年  投稿日:2007年 6月28日(木)23時40分44秒 p1030-dng20tutuji.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
  うなぎねこ様・Sato様、はじめまして。

親の話によれば「岩方の家行く時よっぱら長鉄乗ったろげ・・・」といったて、長鉄(=ちょうてつ・長岡鉄道)・栃鉄(=とってつ・栃尾鉄道)が廃止になった昭和50年当時はまだ小学校1年生で、私自身が乗車したという記憶は全くありません。けど、廃止になった直後の、現在も走行する代替バスには乗った記憶は今も鮮明です。

越後線の大河津駅(現JR寺泊駅)を下車すると、寺泊方面から走ってきた長岡駅前行きの越後交通バスがすぐ連絡し、町軽井などの信濃川堤防上の県道を与板方面に走行して「岩方」停留所に下車後、親戚宅の山に、山菜取りやきのこ狩りによく行ったものでした。
現地を知ってる方はご存知と思いますが、今ごろの時期、ホタルが飛び交うところです。信濃川外の県道堤防を降り、岩方や馬越集落に行く時、小さい橋を渡り細い川を横切ります。昔、親戚がその細川で投網を撒き、よく小魚を捕まえてくれましたが、その細川堤防ってのは妙な堤防で、全体が砂利で地覆され、輪切りにすると  ⊥  ⊥  こんな形した鉄の固まりが、細川と平行してあったりし、当初はそれが何なのか判りませんでした。そのうち、謎の細川堤防は汽車が走るところだと知り、・・・なのに、集落に掛かる橋の手前は踏切みたいだし、「カンカンカン・・・」となる警報機も遮断棒もないし、子供の頃は疑問に思った場所でした。中学校高校になった頃になって、そこは、地元では「ちょうてつ」と呼んだ「越後交通長岡線(長岡鉄道)」が走ってた場所だという事を知りました。
与板の親戚の話によると長鉄が廃止になって30年以上も経ってるのに、新潟電鉄の月潟~東関屋間みたいに、まだ越後交通の土地なんだそうですってねぇ?。長鉄廃止直後はまだ大河津~与板間なんて、木造の架線柱やアングル等みたいなのは、現在の電鉄の味方・大野周辺みたいに、はっきり形が残ってましたよ・・・。どんな車輌が走ってたのを知ったのは、自動車運転しがけの昭和62年頃、与板町郷土資料館内に展示してあったパネル写真で知りました。

幼少時・・・、現在の燕駅裏の「燕市消防団第1分団第3部」なる消防ポンプ小屋の地に、お化け屋敷みたいな半分使われなくなったような木造の電鉄ピットがありました。外観は、平成11年秋廃止の蒲原鉄道村松駅構内の県道沿いにあった格納庫みたいでしたが、ちょうど国鉄燕駅ホームから見ますと、小屋から顔を出す犬みたいに、赤クリームの電車の頭部のみが見えました。当時の電化前の弥彦線にも似たような塗装の汽車(ディーゼル客車)が走っており、まだ国鉄も電鉄も判別がつかなかった頃でしたので、当初はその木造車庫に弥彦線で走ってる汽車が格納されてるのかと思いました。
その赤クリームの電車は小学校3年生頃(昭和52年頃)に行方不明(大野に連れて行かれ、その後にピットは解体?)になりましたが、電鉄カラーでない緑・黄のかぼちゃ電車でない指摘車輌は長い間謎でした。平成12年に同じ元電鉄利用者である、当サイトの管理人の黒埼町大野の丸山氏と接触したことにより、電鉄談義を深めていくうちに、越後交通の長鉄車輌だというのが判明したわけです。又、情報交換してるうちに、新潟交通に渡った越後交通車輌は2両だという事も知り、緑クリームもあったというのも最近知りました。どうも越後交通車両には2つのカラーがあったようです。
5月に栃尾美術館に行って来ました。昭和30年代?は緑クリームで、同40年代?は赤クリームだったようです。模型が展示してありましたが、長鉄も栃鉄もカラーは一緒だったのかは判りません。又、栃鉄と国鉄とは車軸幅が違うらしく、燕駅裏にあった赤クリーム電車は「栃鉄でなく長鉄?」というのも判明?しました。(ど素人見解ですが)
緑の長鉄車輌のみ燕にあったのを私は知らなかったのは、ピットの奥に潜ってたらしく、又、丸山氏と情報交換してるとき「E・K・Kの文字は見なかったか・・・?」と問われましても外壁に覆われて格納されてましたので、一般の人間が全体の姿を見ることなんて出来ませんでした。

そしてsato様、貴重な情報ありがとうございました。小学校に入る前から燕駅裏に赤クリーム電車はあったような気がしました。昭和48年は当時5歳で、曽祖父に連れられて、国鉄燕駅の改札口から、当時1・2番線の真ん中に止まってた国鉄貨物コンテナ車が過ぎ差ると、正面に「車電行潟新」と外壁に書かれた電鉄ホームが見え、左斜めに、木造ピットに格納されてた、半分すすけていた赤クリーム電車がありました。すすけていたのは注油用として使われてたからなんでしょうか?。又、どっちが部品取り用で、どっちが注油用だったのでしょうか?。そして燕に滞在してた期間は長鉄・栃鉄廃止後の2・3年でなく現役末期から越後交通より頂いて4・5年くらいという事だったんですね。
これでやっと長い間の謎と辻褄が合いました。又、中学校3年生当時の1983年(昭和58年)までまだ大野で生きて?いたってことも知りませんでした。

随分長い書き込みとなりましたが、又いろいろ教えて下さい。有難うございました。
 

結論を言いますと

 投稿者:荻@会員幹部メール  投稿日:2007年 6月28日(木)22時31分19秒 p2106-ipad27niigatani.niigata.ocn.ne.jp
返信・引用
  「デンテツDreams」は、先述のとおり電鉄を熱心に研究されている高校生の方が管理人をしていらっしゃるサイトであり、当保存会から分離独立した団体ではありません。ただ一会員が協力したことにより、周囲に誤解を招く事態を引き起こしたのは事実です。勿論管理人の方はこうなることは更々望んでいないはずです。現段階では静観するのがベターだと思いますが、同じ電鉄好きとしてお互い連携し合える関係になればいいのではないでしょうか。  

デンテツDreamsについて

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 6月27日(水)23時37分1秒 61.197.181.169
返信・引用 編集済
  てっぺいさま
HP管理人の丸山と申します。
月潟まつりにおいでいただきましてありがとうございました。「デンテツDreams」は当方のリンク先であるサイトです。今回管理人の小林さんが、「こういう企画やってみたい」と言う申し出に保存会が「会場提供」の形で協力しました。小林さんは高校生ですのですべて責任をもつのができないので、保存会内で親しい、渡辺会員との企画で今回実施しました。
保存会としては来ていただいた方に楽しんでもらおうというのと、電鉄に関した企画が出来るというので、2人におまかせしました。

パンフレットを見た方には???と疑問に思った方もいらしゃったかと思います。保存会としての見解は「別」ですが、私は全く別とは思っていません。だってこんないいイベントができたのですから!ということで返信させていただきました。
 

越後交通長岡線の車両です

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 6月27日(水)23時18分54秒 61.197.181.169
返信・引用
  うなぎねこさま
はじめまして、管理人の丸山と申します。
satoさまの通り、越後交通長岡線から譲渡された車両です。越後大野駅に置かれていたのは私も見ています。子供の頃ですのでどこの電車かまでは知らなかったものの、クハ45に非常に似ていたのを覚えています。まぁ、深い理由を知ったのは廃止後なんですけど。
今思うと写真でも撮っておけばと後悔しています。

satoさま
電鉄では油撒き車両として1両は使われていたようですね。
 

月潟祭り

 投稿者:てっぺい  投稿日:2007年 6月27日(水)20時41分31秒 softbank221017199206.bbtec.net
返信・引用
  はじめまして。
久しぶりに月潟駅の車両公開にお邪魔させていただきました。駅の周りがだいぶ変わってしまい駅舎の一部もなくなっていましたが、保存されている電車はあいかわらずきれいな状態を保っていて、整備に携わっているかぼちゃ電車保存会の方々の努力には頭が下がります。
モハ11号車の中で行われていたデンテツDreamsとかいう団体の資料展示も素晴らしい内容で案内してくれた方も親切に対応してくれました。ただその人は以前訪れたときはかぼちゃ電車保存会の会員もやっておられたはずですが、本人に問い合わせても明確な返事はいただけませんでした。かぼちゃ電車保存会が「協賛」ではなく「会場提供」になっていたのも気になりました。駅の近所に住んでいるという方の話では、各家に名刺やパンフレットを配ったり新聞に独自に広告を出していたそうです。このホームページを見る限りではお互い連携しているようにも見えますが、実際訪れてみるとそうでもないような感じを受けました。
いきなりこんなことを書いてしまい申し訳ありませんが、今回とても気になったので書かせていただきました。次いつ訪れることができるかわかりませんが、これからも月潟の電車が末永く美しい形で保存されていくことを願っております。
 

知らない方も多いみたいなので

 投稿者:sato  投稿日:2007年 6月26日(火)22時01分21秒 i60-36-5-81.s04.a015.ap.plala.or.jp
返信・引用
  ↓うなぎねこさんの越後交通の廃車体について
なかなか独自の情報もない方なのですが、当時の様子を覚えてますので。
まず新潟交通に行った越後交通の2両は、長岡線の車両で元小田急のクハ1407と1457で昭和48年9月7日に譲渡されたようです。(寺田裕一著 消えた轍3 甲信越・東海・北陸編参照)
1983年頃に友人と越後大野駅に遊びに行った際に写真を撮ったのですが、片方は赤クリームのツートンカラーなのですが、もう一両は使うつもりもあったのか、赤であった部分が緑色に塗られていました。当時はホームから簡単に中が見られる状況にあり、緑の方は座席が外され肘掛け?部には油が飛び散っていた跡がありました。一方赤の方は中の吊り下げ広告がそのまま下げられていました。いつかは使われるのかなと言う程度に思ってました。
 

Re: 続・栃尾鉄道について

 投稿者:うなぎねこ  投稿日:2007年 6月24日(日)08時31分10秒 ZQ241059.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
  > No.265[元記事へ]

始めまして、長岡在住のうなぎねこと申します。
>  栃尾鉄道も長岡鉄道も昭和50年に廃止になりました。私の幼少時の記憶によると、燕の新潟電鉄車輌基地で、栃尾鉄道か長岡鉄道かは不明ですが、赤とクリームのツートンカラーの越後交通の車輌2両あったのを憶えています。
>  両鉄道廃止以降、越後交通から新潟交通に譲渡された物と思われますが、2・3年くらい燕車輌基地に滞在後、その後は越後大野の貨物引込み線?に連れて行かれたなんていう話を聞きます。

私も越後大野の側線で見た記憶があります。 何でも、レール注油及び部品取り用だったらしいですね。
 

更新などなど

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 6月11日(月)02時51分16秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  更新が遅れまして申し訳ありませんでした。
今回は2週間後に行われる「月潟まつり」のイベント情報を掲載しました。
電車道では「白根・味方大凧合戦」についてです。
毎年6月の初めに行われる南区いや新潟市でも最も歴史のあるまつりであります。300年以上の歴史のあるまつりですが電鉄と競演できたのが僅か66年。短い競演ではありましたが、このイベントにたくさんのお客さんを運び、時に車輌や架線に凧や凧綱が降ってきてと、大変な状況の中行われてきました。今は白根駅跡も「凧公園」となって凧の歴史を語っていますが、電鉄に関しては一切ないのが何とも残念であります。
 

続・栃尾鉄道について

 投稿者:昭和の電鉄少年  投稿日:2007年 5月 5日(土)22時23分33秒 p1008-dng13tutuji.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
   ↓の5月3日の管理人さんの書き込みが気になり、息抜きに「栃尾鉄道」の事をPCネット検索してみました。やはり越後交通の鉄道だけあって、曾祖母ゆかりの地である与板の信濃川沿いを走ってた長岡鉄道と似てますねぇ。
 管理人さんが貼って下さらなかったので私が代わって3つのリンクを貼り付けます。5月27日までやってます。場所は秋葉神社裏です。ジャンボ油揚げが名物の街です!!。
http://www.kouiki.nagaoka.niigata.jp/event/event-calendar.cgi
http://nagaoka.rgr.jp/ibent/tochiotetudou/index.html
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/tochio2/bizyutukan.html

 栃尾鉄道も長岡鉄道も昭和50年に廃止になりました。私の幼少時の記憶によると、燕の新潟電鉄車輌基地で、栃尾鉄道か長岡鉄道かは不明ですが、赤とクリームのツートンカラーの越後交通の車輌2両あったのを憶えています。
 両鉄道廃止以降、越後交通から新潟交通に譲渡された物と思われますが、2・3年くらい燕車輌基地に滞在後、その後は越後大野の貨物引込み線?に連れて行かれたなんていう話を聞きます。
 関係サイトを検索したら、昔、燕の駅裏にあった越後交通の車輌?を思い出し、懐かしくなりました。近いうち栃尾に行って、見学後はジャンボ油揚げ土産に買って来ます!!。情報ありがとうございました!!。
 

栃尾鉄道について

 投稿者:昭和の電鉄少年  投稿日:2007年 5月 3日(木)15時59分10秒 wgpproxytn0101.skyweb.jp-t.ne.jp
返信・引用
  お久しぶりです。自称電鉄の生き証人、昭和の電鉄少年です。↓の栃尾鉄道の展示はいつまでやってるのでしょうか?。私の曾祖母は三島群大河津村岩方(現長岡市与板町岩方)の出身で、まだ鉄道がなかった当時、信濃川&中之口川を下り、舟で西蒲原群燕町の中之口川のほとりの私の家に嫁ぎました。
その後に開通した長岡鉄道は馴染みがあるのですが、同じ越後交通の鉄道ですので、長岡鉄道の資料等もあるのでしょうか?。

去る4月29日、月潟行きました。昭和の日という事で、新潟電鉄の貨物営業廃止当時の客車を思い出し、その当時の状況を落書きノートにスケッチしました。国鉄燕駅からターレットで小包を電鉄ホームに搬送し、その小包を客車に乗せ込み、小包と乗客と一緒になって県庁前まで走ったのを思いだして描きました。
国鉄燕駅が貨物営業を取やめた昭和55年までそんな光景が脳裏に甦りました。暇あったら下手くそな絵ですが、まだワンマン化改造されてなかった当時の車内の姿、ノートで偲んで頂ければ幸いです!!。

電車道の執筆者って管理人さんじゃなかったんですね。知りませんでした。
今、阿賀町津川です。某祭り会場で時間潰しに携帯検索しました。
 

電車道更新しました

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 5月 3日(木)09時22分42秒 wbcc1s05.ezweb.ne.jp
返信・引用
  電車道もついに50回を経過しました。これも皆様の支持があって続けてきました。開始から4年間いろいろなことがありました。みる度にその時の事が思い浮かびます。電車道の著者の松澤さんからコメントをもらいたいと思いますが、どうでしょうか。

今回の電車道は長岡市栃尾美術館で開催されている、栃尾鉄道展についてです。私も先日行ってきましたが、ゆったりと観ることができました。見ていた老人の方に声掛けられていろいろなお話を聞くことができました。「学生の時、長岡の学校に通うのに栃鉄が雪で不通になったら、栃鉄の線路を上見附まで滑り、それから省線の見附まで行って汽車に乗った」なんて話を聞きました。一言「すげぇ」

ごめんなさい携帯からの書き込みなのでリンク貼れてません。直接お願いします。
 

51号の補修

 投稿者:内山 博明メール  投稿日:2007年 4月16日(月)23時53分40秒 ZH019233.ppp.dion.ne.jp
返信・引用
   毎度、ご来場いただきましてありがとうございます。さて今年も車輌補修を担当いたします。冬囲い撤去が終わり補修作業を今月より再開しており初めに51号屋根に塗布した防水剤の効果が弱まり雨漏りが酷くなったので、ヒビ割れにはテープ張りと防水剤の再塗布作業をやっています。15日に屋根全体に塗布を終わり22日に厚みを増すために、もう一度塗布を行う予定です。
 雨漏り対策がひと段落ついたら外版の塗装面の劣化部分を補修予定としています。
なお補修作業中は車輌は開けていますのでご自由にお入りください。
 

踏切から横断歩道へ・・・

 投稿者:昭和の電鉄少年  投稿日:2007年 3月29日(木)23時58分3秒 p1056-dng14tutuji.miyagi.ocn.ne.jp
返信・引用
   全国電鉄ファンの皆様、お久しぶりです。平成元年秋に県庁前(白山前)~東関屋、月潟~燕の区間を、平成3年度中に廃止にしたいという旨を、新潟交通から沿線市町村に伝えられた年の春に成人式を迎えた、燕の昭和の電鉄少年と申します。
 この知らせが伝えられた当時、前者区間は、万歳三唱の大歓迎だったそうで、一方後者の方は・・・、特に小中川~灰方間では、「新潟交通電車線存続を求める会」なる会を立ち上げ「電鉄廃止絶対反対!!」なる大看板を各駅前に掲げ、存続を求める署名活動まで行い、新潟交通本社や県当局に署名を提出するほどの大騒ぎに発展しました。

 前者の区間は、昭和8年の開通当初から「電鉄」を目の敵にし、昭和40年頃には「廃止を求める署名活動」なる運動があったそうです。つまり、道の真ん中に走る電車は、新潟市の中心部では良いように見られてなかったようです。
 後者の区間は、昭和30~40年代は、燕市の地場産業である洋食器製造が好景気だった時期があり、燕駅周辺のメーカーに通勤する人が多く、毎朝4両列車で、乗客を各駅ホームで手押しする駅員が居たほどの大繁盛した時期もありました。しかし、燕の工場も郊外(特に後の合併相手となった旧吉田町)に大きい工場を建設し、自動車の時代となり、極端に利用者が少なくなりました。・・・で、何で小中川~灰方で猛反対運動があったのかというと、電鉄開通当初は周辺は何もない田んぼでしたが、好景気だった昭和40年代頃、近所に電鉄の駅があるという立地条件の下、付近は分譲住宅地に開発され、その後転住者が続々と電鉄沿線に住みはじめたのです。県立高校まで2校開校したりするほどに付近は発展し、住民や学生の足が絶え、死活状態になってしまうとの事で騒ぎになったようです。

 新潟交通としては前者区間と後者区間を一緒に廃止にしたかったらしいですが、前者は廃止大歓迎ですので、予定を早めて平成4年3月19日に、後者は廃止猛反対・・・というよりも一生懸命愛してくれたから1年長生きし、平成5年7月31日に無くなりました。
 弥彦山を背景に広大な田園の真ん中を走った電鉄(かぼちゃ電車)が無くなって、今年で14年が経ちました。小中川の叔父の家や白根大凧合戦、焼鮒の運転免許試験場(現新潟ふるさと村の地に平成元年頃までありました。)などに行く時に燕から良く乗ったかぼちゃ電車がなくなると聞き、当時はあちこち激写しまくってました。
 先日、電車を愛した存続運動発祥地、小中川付近をさすらったら、小中川駅隣の農協倉庫外壁には旧駅舎と電車の巨大写真の壁画があり、又、北陸自動車道下から旧灰方駅までには自転車遊歩道がいつの間にか完成してました。↓の写真は、先日撮影したものです。14年前は大きな警報機と遮断棒があった踏切でしたが、今は横断歩道に変身しました。遊歩道脇の住宅地も、昭和60年頃に近所に灰方駅があったおかげで開発された住宅団地ですが、付近住民にとっては、電鉄は掛替えの無い生活の足でした。

 最近の書き込みを拝見しますと、電鉄跡地を歩いたなんてありますが、高速道下の灰方周辺は足場が良くなりました。又、聞いた話ですと、燕市立小中川小学校裏の電鉄跡地も、現在整地されてますが、平成19年度中に工事がはじまり、遊歩道に整備されるみたいです。全国電鉄ファンの皆様・・・、参考にして頂ければ幸いです。
 

電鉄への想い

 投稿者:たか☆  投稿日:2007年 3月27日(火)22時38分25秒 kcc-202-178-92-167.kamakuranet.ne.jp
返信・引用
  平成二年ごろだったでしょうか、当時私は中学生で、友人に『新潟に道路を走る電車があるから乗りに行こう』と誘われ、はるばる神奈川からやってきたのでした。
たまたま祖父母や叔父たちが新潟に住んでおり、とくに学校町出身の祖母からは『あの電車は【電鉄】って呼ばれているんだよ』など
予備知識を貰ったものです。
新潟駅からバスに乗り、白山神社の前で降りて電車に乗り換え、燕まで行きました。時期は8月、単行の非冷房電車は窓をいっぱいに開け扇風機をフル回転させ、中之口川に沿って走っていきました。乗客がやたら少ないのが印象に残りましたが、その時は深刻な状況は理解できませんでした。
ところが初回訪問からまもなく、叔父より『電鉄は金食い虫だから(採算が取れず)廃止になる』と教えられました。
たいへんビックリした私は、新潟交通宛に経営改善案(①車両の塗装変更しイメージアップを図る②新潟駅までの延長を実現させる等)幼稚な発想で提案し、①については原案も送った覚えがあります(ーー;)お恥かしい話です。
それからというもの、暇を見つけては電鉄を尋ね、乗車は勿論、写真撮影や車庫見学、切符収集に熱中し、電鉄の収支改善に一役買おうと恩着せがましい行動をとっておりました。
そして時は流れ、二度の区間廃止を経て平成11年春、全線廃止のときを迎えました。
その時私は社会人二年生で、偶然にも南魚沼郡に住んでいました。当然電鉄の最後を撮影しに出かけました。月潟駅に向かったのですが、
そこは人人人で混雑し、いつもの電鉄ではありませんでした。私は乗車はせずに一歩下がって最後のシャッターを数枚きり、長年通い詰めて顔見知りになった駅員さんにお別れの挨拶をし、電鉄を後にしたのでした。
私の訪問から一週間後、みんなに見送られて電鉄はその使命を終えました。TV中継を見て目頭が熱くなりました。
【電鉄】という愛称を教えてくれた祖母もその年の秋に他界し、今では電鉄同様会うことはできません。
 

Re:お世話になりました

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 3月27日(火)03時14分50秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  シゲさま、日曜日はいらっしゃっていただきありがとうございました。私もいろいろとお話を聞かせてもらいよかったと思います。また動く保存車輌に乗りに行きたいと思っていますので、今後ともおつきあい宜しくお願いします。  

Re:電鉄跡を歩いてみました

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 3月27日(火)03時09分53秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  yasさま、はじめまして。私も廃線跡全線踏破しました。朝7時から夜の8時まで13時間・36キロ距離です。一気にいきましたので、新飯田から燕は暗闇の中でとにかく燕に向けてだけでした。今度やる時は数回に分けて挑戦しようと思います。あの時からの変化も多々あると思いますので。

電車はシートも外れていますので、いらっしゃってくださいね。
 

お世話になりました

 投稿者:シゲメール  投稿日:2007年 3月27日(火)00時46分50秒 47.178.150.220.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  25日に新潟交通のツアーに参加した、なつかしの尾小屋鉄道を守る会の関係者です。
慌ただしい中ですが、いろいろとお話しできて良かったです。
本物の鉄道車両を維持・管理していくのは大変なことですが、お互い情報交換しながら、それぞれが良い方向に向けって行けたら良いですね。
ちなみに、今年は尾小屋鉄道廃止30周年であり、4/1から5/4までイベントを開催します。
また訪問させていただきたいと思います。
 

電鉄跡を歩いてみました。

 投稿者:yas  投稿日:2007年 3月21日(水)22時26分14秒 softbank220008182220.bbtec.net
返信・引用
  はじめまして、鉄道ファンという訳ではないのですが、何となく電鉄跡を白山前駅跡から燕駅まで歩いてしまいました。
5日程かかりましたが子供の頃の思い出が沢山甦り楽しかったです。
惜しむべきは月潟駅にて車両にシートがかかっていた事、もうすぐシートは外されるのですね、今度は車でそちらに寄せてもらいます。
 

電車道更新しました

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 2月12日(月)22時18分5秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  雪が降りません。こんなことは過去にも経験ありません。雪が恋しくなってきました。そんな感じで今回の電車道ができました。シートが剥がされるまであと1ヶ月半ありますが、雪は本当に降るのだろうか不安・・・

お詫び  管理人更新が遅れまして申し訳ありませんでした。

http://kaboden.cocolog-nifty.com/denshamiti/

 

Re:リンク追加しました

 投稿者:小林メール  投稿日:2007年 2月 4日(日)14時13分38秒 i60-34-218-80.s02.a015.ap.plala.or.jp
返信・引用
  ご紹介にあずかりました小林です。
皆様とは月潟駅でお会いできると思います。そのときはどうぞお気軽にお声をお掛けください。高校生くらいの年の人はそういないと思いますので。
これからよろしくお願いします。
 

リンク追加しました

 投稿者:丸山@管理人メール  投稿日:2007年 2月 3日(土)21時36分44秒 softbank220008182185.bbtec.net
返信・引用
  この度、小林さんのサイト「デンテツDreams」とリンクを行いました。電鉄に関して調べられた量は相当なもので、いままで知らなかった内容まで豊富に調べられています。是非ご覧くださいませ。

http://dentetsu.client.jp/

 

ありがとうございます

 投稿者:ひろメール  投稿日:2007年 1月22日(月)11時04分18秒 ngt3-p197.flets.hi-ho.ne.jp
返信・引用
  わかりました!(m_m)  

レンタル掲示板
/14