teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. テスト(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:27/89 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

The text Malala Yousafzai's speech at the United Nations

 投稿者:Twelve Y.O.  投稿日:2013年 9月16日(月)19時07分4秒
  通報 編集済
  Message body In the name of God, The Most Beneficent,The most Merciful.

Honourable UN Secretary General Mr Ban Ki-moon,

Respected President General Assembly Vuk Jeremic

Honourable UN envoy for Global education Mr Gordon Brown,

Respected elders and my dear brothers and sisters;

“As-salamu  alaykum”

Today, it is an honour for me to be speaking again after a long time. Being here with such honourable people is a great moment in my life.

I don't know where to begin my speech. I don't know what people would be expecting me to say. But first of all, thank you to God for whom we all are equal and thank you to every person who has prayed for my fast recovery and a new life. I cannot believe how much love people have shown me. I have received thousands of good wish cards and gifts from all over the world. Thank you to all of them. Thank you to the children whose innocent words encouraged me. Thank you to my elders whose prayers strengthened me.

I would like to thank my nurses, doctors and all of the staff of the hospitals in Pakistan and the UK and the UAE government who have helped me get better and recover my strength. I fully support Mr Ban Ki-moon the Secretary-General in his Global Education First Initiative and the work of the UN Special Envoy Mr Gordon Brown. And I thank them both for the leadership they continue to give. They continue to inspire all of us to action.

Dear brothers and sisters, do remember one thing. Malala day is not my day. Today is the day of every woman, every boy and every girl who have raised their voice for their rights. There are hundreds of Human rights activists and social workers who are not only speaking for human rights, but who are struggling to achieve their goals of education, peace and equality. Thousands of people have been killed by the terrorists and millions have been injured. I am just one of them.


So here I stand...  one girl among many.

I speak-not for myself , but for all girls and boys.

I raise up my voice-not so that I can shout, but so that those without a voice can be heard.


Those who have fought for their rights:

Their right to live in peace.

Their right to be treated with dignity.

Their right to equality of opportunity.

Their right to be educated.

Dear Friends, on the 9th of October 2012, the Taliban shot me on the left side of my forehead. They shot my friends too. They thought that the bullets would silence us. But they failed. And then, out of that silence came, thousands of voices.The terrorists thought that they would change our aims and stop our ambitions but nothing changed in my life except this: Weakness, fear and hopelessness died. Strength, power and courage was born. I am the same Malala. My ambitions are the same. My hopes are the same. My dreams are same.

Dear sisters and brothers, I am not against anyone. Neither am I here to speak in terms of personal revenge against the Taliban or any other terrorists group. I am here to speak up for the right of education of every child. I want education for the sons and the daughters of all the extremists especially the Taliban.

I do not even hate the Talib who shot me. Even if there is a gun in my hand and he stands in front of me. I would not shoot him. This is the compassion that I have learnt from Muhammad-the prophet of mercy, Jesus christ and Lord Buddha. This is the legacy of change that I have inherited from Martin Luther King,
Nelson Mandela and Muhammad Ali Jinnah. This is the philosophy of non-violence that I have learnt from Gandhi Jee, Bacha Khan and Mother Teresa. And this is the forgiveness that I have learnt from my mother and father. This is what my soul is telling me, be peaceful and love everyone.

Dear sisters and brothers, we realise the importance  of light when we see darkness. We realise the importance of our voice when we are silenced. In the same way, when we were in Swat, the north of Pakistan, we realised the importance of pens and books when we saw the guns.

The wise saying, “ The pen is mightier than sword” was true. The extremists are afraid of books and pens. The power of education frightens them. They are afraid of women. The power of the voice of women frightens them. And that is why they killed 14 innocent medical students in the recent attack in Quetta. And that is why they killed many female teachers and polio workers in Khyber Pukhtoon Khwa and FATA. That is why they are blasting schools every day. Because they were and they are afraid of change,  afraid of the equality that we will bring into our society.

I remember that there was a boy in our school who was asked by a journalist, “Why are the Taliban against education?” He answered very simply. By pointing to his book he said, “A Talib doesn't know what is written inside this book” They think that God is a tiny, little conservative being who would send girls to the hell just because of going to school. The terrorists are misusing the name of lslam and Pashtun society for their own personal benefits. Pakistan is peace-loving democratic country. Pashtuns want education for their daughters and sons. And lslam is a religion of peace, humanity and brotherhood. lslam says that it is not only each child's right to get education, rather it is their duty and responsibility.

Honourable Secretary General, peace is necessary for education.  In many parts of the world especially Pakistan and Afghanistan; terrorism, wars and conflicts stop children to go to their schools. We are really tired of these wars.Women and children are suffering in many parts of the world In many ways. In India, innocent and poor children are victims of child labour. Many schools have been destroyed in Nigeria. People in Afghanistan have been affected by the hurdles of extremism for decades. Young girls have to do domestic child labour and are forced to get married at early age, Poverty, ignorance,  injustice, racism and the deprivation of basic rights are the main problems faced by both men and women.

Dear fellows, today I am focusing on women's rights and girls' education because they are suffering the most. There was a time when women social activists asked men to stand up for their rights. But, this time, we will do it by ourselves. I am not telling men to step away from speaking for women's rights rather I am focusing on women to be independent to fight for themselves.

Dear sisters and brothers, now it's time to speak up.

So today, we call upon the world leaders to change their strategic policies in favour of peace and prosperity.

We call upon the world leaders that all the peace deals must protect women and children's rights. A deal that goes against the dignity of women and their rights is unacceptable.

We call upon all governments to ensure free compulsory education for every child all over the world.

We call upon all governments to fight against terrorism and violence, to protect children from brutality and harm.

We call upon the developed nations to support the expansion of educational opportunities for girls in the developing world.

We call upon all communities to be tolerant- to reject prejudice based on cast, creed, sect, religion or gender. To ensure freedom and equality for women so that they can flourish. We cannot all succeed when half of us are held back.

We call upon our sisters around the world to be brave-to embrace the strength within themselves and realise their full potential.

Dear brothers and sisters, we want schools and education for every child's bright future. We will continue our journey to our destination of peace and education for everyone. No one can stop us. We will speak for our rights and we will bring change through our voice. We must believe in the power and the strength of our words. Our words can change the world.

Because we are all together, united for the cause of education. And if we want to achieve our goal, then let us empower ourselves with the weapon of knowledge and let us shield ourselves with unity and togetherness.

Dear brothers and sisters, we must not forget that millions of people are suffering from poverty, injustice and ignorance. We must not forget that millions of children are out of schools. We must not forget that our sisters and brothers are waiting for a bright peaceful future.

So let us wage a global struggle against illiteracy,  poverty and terrorism and let us pick up our books and pens. They are our most powerful weapons.

One dhild, one teacher, one pen and one book can change the world.

Education is the only solution. Education First.


慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において。パン・ギムン国連事務総長、ブク・ジェレミック国連総会議長、ゴードン・ブラウン国連世界教育特使、尊敬すべき大人の方々、そして私の大切な少年少女の皆さんへ、アッサラーム・アライカム(貴方に平和あれ)。

今日、久し振りにこうして又、スピーチを行えてとても光栄です。このような尊敬すべき人達と共にこの様な場にいるなんて、私の人生においても、とても素晴らしい瞬間です。そして、今日、私が故ベナジル・ブット首相のショールを身に纏っている事を名誉に思っています。

何処からスピーチを始めたらいいでしょうか。皆さんが、私にどんな事を言ってほしいのかは解りません。然し先ず始めに、我々総てを平等に扱ってくれる神に感謝します。そして、私の早い回復と新たな人生を祈ってくれた総ての人達に感謝します。


私は、皆さんが私に示してくれた愛の大きさに驚くばかりです。世界中から、温かい言葉に満ちた手紙と贈り物を貰いました。それら総てに感謝します。純真な言葉で私を励ましてくれた子供達に感謝します。祈りで私を力づけてくれた大人達に感謝します。私の傷を癒し、私に力を取り戻す手助けをしてくれたパキスタン、イギリス、アラブ首長国連邦の病院の看護師、医師、そして職員の方々に感謝します。


国連事務総長パン・ギムン氏のGlobal Education First Initiative(世界教育推進活動)と国連世界教育特使ゴードン・ブラウン氏と国連総会議長ブク・ジェレミック氏の活動を、私は全面的に支持します。皆さんの弛まないリーダーシップに感謝します。皆さんは何時も、私達全員が行動を起こすきっかけを与えてくれます。

親愛なる少年少女の皆さんへ、次の事を決して忘れないで下さい。マララ・デーは私一人の為にある日ではありません。今日は、自分の権利の為に声を上げる、総ての女性達、総ての少年少女達の為にある日なのです。

何百人もの人権活動家、そしてソーシャルワーカー達がいます。彼等は人権について訴えるだけではなく、教育、平和、そして平等という目標を達成する為に闘っています。何千もの人々がテロリストに命を奪われ、何百人もの人達が傷付けられています。私もその一人です。



そして、私は此処に立っています。傷付いた数多くの人達の中の、一人の少女です。


私は訴えます。自分自身の為ではありません。総ての少年少女の為にです。

私は声を上げます。といっても、声高に叫ぶ私の声を届ける為ではありません。声が聞こえてこない「声なき人々」の為にです。それは、自分達の権利の為に闘っている人達の事です。平和に生活する権利、尊厳を持って扱われる権利、均等な機会の権利、そして教育を受ける権利です。


親愛なる皆さん、2012年10月9日、タリバンは私の額の左側を銃で撃ちました。私の友人も撃たれました。彼等は銃弾で私達を黙らせようと考えたのです。でも失敗しました。私達が沈黙したその時、数え切れないほどの声が上がったのです。テロリスト達は私達の目的を変更させ、志を阻止しようと考えたのでしょう。然し、私に人生で変わったものは何一つありません。次のものを除いて、です。私の中で弱さ、恐怖、絶望が死にました。強さ、力、そして勇気が生まれたのです。


私は此れまでと変わらず「マララ」のままです。そして、私の志も全く変わりません。私の希望も、夢も全く変わっていないのです。

親愛なる少年少女の皆さん、私は誰にも抗議していません。タリバンや他のテロリストグループへの個人的な復讐心から、此処でスピーチしている訳でもありません。此処で話している目的は、総ての子供達に教育が与えられる権利をはっきりと主張する事にあります。総べての過激派、とりわけタリバンの息子や娘達の為に教育が必要だと思うのです。


私は、自分を撃ったタリバン兵士さえも憎んではいません。私が銃を手にして、彼が私の前に立っていたとしても、私は彼を撃たないでしょう。これは、私が預言者モハメッド、キリスト、仏陀から学んだ慈悲の心です。此れは、マーティン・ルーサー・キング、ネルソン・マンデラ、そしてムハンマド・アリー・ジンナーから受け継がれた変革という財産なのです。此れは、私がガンディー、バシャ・カーン、そしてマザー・テレサから学んだ非暴力という哲学なのです。
そして、此れは私の父と母から学んだ「許しの心」です。
まさに私の魂が私に訴えてきます。「穏やかでいなさい、総ての人を愛しなさい」と。


親愛なる少年少女の皆さん、私達は暗闇の中にいると、光の大切さに気づきます。私達は沈黙させられると、声を上げる事の大切さに気付きます。同じ様に、私達がパキスタン北部のスワートにいて、銃を目にした時、ペンと本の大切さに気付きました。


「ペンは剣よりも強し」という諺があります。此れは真実です。過激派は本とペンを恐れます。教育の力が彼等を恐れさせます。彼等は女性を恐れています。女性の声の力が彼等を恐れさせるのです。 だから彼等は、先日クエッタを攻撃した時、14人の罪の無い医学生を殺したのです。
だから彼等は、多くの女性教師や、カイバル・パクトゥンクワやFATA(連邦直轄部族地域/パキスタン北西部国境地帯)にいるポリオの研究者達を殺害したのです。 だから、彼等は、毎日学校を破壊するのです。

何故なら、彼等は、私達が自分達の社会に齎そうとした自由を、そして平等を恐れていたからです。そして彼等は、今も其れを恐れているからです。

私達の学校にいた少年に、或るジャーナリストがこんな事を尋ねていたのを覚えています。「何故タリバンは教育に反対しているの?」彼は自分の本を指さしながら、とてもシンプルに答えました。「タリバンはこの本の中に書かれている事が解らないからだよ」

彼等は、神はちっぽけで取るに足りない、保守的な存在で、ただ学校に行っているというだけで女の子達を地獄に送っているのだと考えています。テロリスト達は、イスラムの名を悪用し、パシュトゥン人社会を自分達の個人的な利益の為に悪用しています。

パキスタンは平和を愛する民主的な国です。パシュトゥン人は自分達の娘や息子に教育を与えたいと思っています。イスラムは平和、慈悲、兄弟愛の宗教です。総ての子供に教育を与える事は義務であり責任である、と言っています。

親愛なる国連事務総長、教育には平和が欠かせません。世界の多くの場所では、特にパキスタンとアフガニスタンでは、テロリズム、戦争、紛争のせいで子供達は学校に行けません。私達は本当にこういった戦争にうんざりしています。女性と子供は、世界の多くの場所で、様々な形で、被害を受けています。
&a mp;n bsp;
インドでは、純真で恵まれない子供達が児童労働の犠牲者となっています。ナイジェリアでは多くの学校が破壊されています。アフガニスタンでは人々が過激派の妨害に長年苦しめられています。幼い少女は家で労働をさせられ、低年齢での結婚を強要されます。

貧困、無学、不正、人種差別、そして基本的権利の剥奪―――これ等が、男女共に直面している主な問題なのです。

親愛なる皆さん、本日、私は女性の権利と女の子の教育という点に絞ってお話しします。何故なら、彼等が一番苦しめられているからです。嘗ては、女性の社会活動家達が、女性の権利の為に立ち上がってほしいと男の人達に求めていました。然し今、私達はそれを自分達で行うのです。男の人達に、女性の権利の為に活動するのを止めてくれ、と言っている訳ではありません。女性が自立し、自分達の力で闘う事に絞ってお話ししたいのです。

親愛なる少女、少年の皆さん、今こそ声に出して言う時です。

そこで今日、私達は世界のリーダー達に、平和と繁栄の為に重点政策を変更してほしいと呼びかけます。世界のリーダー達に、総ての和平協定が女性と子供の権利を守るものでなければならないと呼びかけます。女性の尊厳と権利に反する政策は受け入れられるものではありません。

私達は総ての政府に、全世界の総ての子供達へ無料の義務教育を確実に与える事を求めます。
私達は総ての政府に、テロリズムと暴力に立ち向かう事を求めます。残虐行為や危害から子供達を守る事を求めます。
私達は先進諸国に、発展途上国の女の子達が教育を受ける機会を拡大する為の支援を求めます。
私達は総ての地域社会に、寛容である事を求めます。カースト、教義、宗派、皮膚の色、宗教、信条に基づいた偏見をなくす為です。女性の自由と平等を守れば、その地域は繁栄する筈です。私達女性の半数が抑えつけられていたら、成し遂げる事は出来ないでしょう。

私達は世界中の女性達に、勇敢に為る事を求めます。自分の中に込められた力をしっかりと手に入れ、そして自分達の最大限の可能性を発揮してほしいのです。

親愛なる少年少女の皆さん、私達は総ての子供達の明るい未来の為に、学校と教育を求めます。私達は、「平和」と「総ての人に教育を」という目的地に到着する為の旅を続けます。誰にも私達を止める事は出来ません。私達は、自分達の権利の為に声を上げ、私達の声を通じて変化を齎します。自分達の言葉の力を、強さを信じましょう。私達の言葉は世界を変えられるのです。

何故なら、私達は、教育という目標の為に一つになり、連帯できるからです。そしてこの目標を達成する為に、知識という武器を持って力を持ちましょう。そして連帯し、一つになって自分達を守りましょう。

親愛なる少年少女の皆さん、私達は今も尚何百万人もの人達が貧困、不当な扱い、そして無学に苦しめられいる事を忘れてはいけません。何百万人もの子供達が学校に行っていない事を忘れてはいけません。少女達、少年達が明るい、平和な未来を待ち望んでいる事を忘れてはいけません。

無学、貧困、そしてテロリズムと闘いましょう。本を手に取り、ペンを握りましょう。それが私達にとって最も強力な武器なのです。

1人の子供、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。教育こそが唯一つの解決策です。エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。
有り難う御座いました。

マララ・ユスフザイさんは1997年7月12日、北部山岳地帯のスワート地区(マラカンド県)に生まれた。父親のジアウディンさんは私立学校を経営する教育者で、マララさんもこの学校に通い、医者を目指していた。

同地はイスラム保守勢力が強く、07年には反政府勢力パキスタン・タリバーン運動(TPP)が政府から統治権を奪い、09年まで実効支配している。イスラム過激派のTPPは女性の教育・就労権を認めず、この間、200以上の女子学校を爆破したという。

09年1月、当時11歳だったマララさんは、英BBC放送のウルドゥー語ブログに、こうしたタリバーンの強権支配と女性の人権抑圧を告発する「パキスタン女子学生の日記」を投稿。恐怖に脅えながらも、屈しない姿勢が多くの人々の共感を呼び、とりわけ教育の機会を奪われた女性達の希望の象徴となった。

同年、米ニューヨーク・タイムズも、タリバーン支配下でのマララさんの日常や訴えを映像に収めた短編ドキュメンタリーを制作している。11年には、パキスタン政府から第1回「国家平和賞」(18歳未満が対象)が与えられ、「国家子供平和賞」(キッズライツ財団選定)にもノミネートされた。


2012年10月9日、スクールバスで下校途中、武装集団に銃撃され重傷を負った。現地で弾丸摘出手術を受けた後、イギリスの病院に移送され、一命を取り留めたが、15歳の女子学生を狙い撃ちにしたテロ事件は、世界中に大きな衝撃を与えた。犯行声明を出した反政府勢力パキスタン・タリバーン運動(TPP)は、教育権を求める女性の「反道徳的」活動への報復であり、シャーリア(イスラム法)に基づくものとテロ行為を正当化している。


マララさんはノーベル平和賞候補に名前が挙がり、世界的に称賛の声が広がっているが、TPPはマララさんがスワート地区に戻れば、再び命を狙うと宣言していると産経新聞は伝えている。


親愛なる日本のお母さん達へ
TO MY JAPANESE MOTHERS WITH LOVE...        Ines Ligron  BLOG 2013/09/15  11:36:41
{Translation by Moe Naruse]
放射線には多くの有害な影響があり、それらの多くは体内で発見されずにいます。しかし長時間経つと、たとえ放射線被ばく料が低レベルでも、細胞レベルでの主要な消化器系の不均衡、血液の変化と組織や臓器のシステムの破壊につながるのです。症状は、疲労、頭痛、吐き気、頭皮の問題、および乾燥/皮膚のかゆみなどのものを含むこと - もっと極端な場合には(別名は福島に住んでいた場合、または被災地の数マイルの半径内で)、症状は気分の変化、記憶障害、脳損傷、注意障害など、情報処理および精神運動能力を遅らせたりします。
特に、わたしたちの循環器と生殖システムは、放射線の任意のレベルに非常に敏感で - しばしばインフルエンザのような症状になり - 将来的にその影響は、体の感染症の発生率を高めること(また、 "軽度の放射線病"として知られている)につながる血リンパ球を減少させている血液(白血病とリンパ腫)の癌を発症する可能性を高めることになります。長期放射線被ばくは、私たちの生殖器系に影響をし、先天性欠損症と死産(ならびに不妊症など)につながります。
放射線の有害な影響からあなたの体を保護するための10食品のリストです。



コリアンダー(必須)
血流から重金属を除去するのに役立ちます。腎臓や血液から鉛、ウラン、水銀を排出することを助けてくれます。
赤ビート(私のお気に入り)
研究では、ビートが損傷ヘモグロビンの再構築で体を支援するを助けることができることが示されています。放射線被ばくと、ヘモグロビンが分解されてしまうので、私たちの血液のシステムを保護することが重要です。実際に動物試験において放射性同位元素を吸収し、解毒を助けることが証明されています。
タンポポ
タンポポは素晴らしい植物です!多くの人が"雑草"としてしか見ていませんが、"美しい"デトックス植物としてまさに奇跡の植物です。健全な機能の肝臓(毒素が正しく体内から除去されることを保証している)が保証されます。
りんご&ヒマワリの種(我が家ではいつも食べているもの)
リンゴとヒマワリの種は、体から放射性残基を結合して、除去するのに役立つペクチンが沢山含まれています。特に、内分泌腺、膵臓、胸腺、心臓に溜まるセシウム137から保護してくれます。セシウム137はガンマ線だけでなく、私たちの体の細胞に非常に有毒であるベータ線を放出するものです。リンゴを沢山食べて、ヒマワリの種をあなたの日常のスナックに加えておけば、放射線から身を守るのに役立ちます。
ゴボウ
体内から放射性同位体を除去するのに役立ちます!新鮮なごぼうを1~4オンス(120~300グラム)を取るには、お茶としてかジューサー(酵素は破壊されない生のが常に最善ですので、これは、最良の方法である)を使用して、取ることがいいでしょう。
葉物野菜(我が家は皆大好き!)
葉物野菜は、非常にアルカリ性で、放射線損傷から身を守るための分子クロロフィルが含まれています。 1950年代初頭以来、クロロフィルと放射線の奇跡的な効果が実証されています。これらの効果は、マスタードグリーン、およびアルファルファの葉と同様にケールやコラードのような濃い緑の野菜から得る事が出来ます。接種する時は二種類以上のグリーン野菜一緒に採る事で、最大の耐放射線性を与えます。
ソバ
ソバに含まれるグルコシドは、放射線被ばくから身を保護してくれます。穀物草は、葉物野菜(クロロフィルが豊富)と藍藻と同様に放射線の私たちの体を浄化するのに役立ちます。
人参は(私達は毎日食べてます)
放射線から身を守り、治療するための素晴らしい食物、それは人参です!放射線損傷を癒すための人参の効力はまだ研究段階ですが、しかし予備研究では、放射線被曝の任意のタイプに対して素晴らしい治癒剤であるという結論を示している。一日二回100~200mgの人参を採ると放射(骨髄、皮膚、内臓、血液細胞の治癒)からの回復をスピードアップする手助けをしてくれます。
ローズマリー
放射線による突然変異誘発性と戦う力があります。研究では、ローズマリーに含まれるカルノシン酸とカルノソールが、この抗変異原性に作用するのです。同様に、他の種々の化合物よりも放射線の影響から保護する力が少なくとも3.34倍優れているという別の研究結果も発見されています

同じテーマの記事このメールは省略されています。メール全体を表示 添付画像Yahoo!ボックスに保存 ダウンロード o0480053312673351897.jpg [確認]

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=QRh_30C8l6Y

 
 
》記事一覧表示

新着順:27/89 《前のページ | 次のページ》
/89