teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. テスト(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:30/89 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Q33沖縄返還後、環境はどう変わりましたか

 投稿者:Twelve Y.O.  投稿日:2012年12月25日(火)20時39分4秒
  通報 編集済
  各種の開発行為によって、大きく破壊される方向にあります。元来沖縄の環境は、亜熱帯の小さな島という、壊れ易く脆い性質を持っているのですが、ヤマト(本土)でつくられる開発計画の多くは、そういう条件を考えに入れていません。従って沖縄ではヤマトの計画は破壊的です。沖縄の広大な米軍基地も、立地条件の一番よい所を占領し、騒音や振動を撒き散らしています。基地による環境悪化がどの程度なのか、総合的な調査は未だなされていません。返還が予定される基地の中にも、どんな有害物質があるのわかりません。最近ようやく嘉手納基地の一角に捨てられたPCBが見つかり、問題になったところです。然し、米軍基地が不要になって返還される時でも、日米地位協定に因ってアメリカには原状回復の義務はない、とされています。

こういう直接基地からの環境汚染も著しいのですが、面積的に大きいのは、基地の重圧に苦しむ県民に対して、口止め料として降って来る公共事業によるものです。米軍占領下で整備が後回しにされてきた生活基盤は、あらゆる面で本土との格差が大きく、この格差を是正する為に、道路、港湾、河川、護岸、農地と、あらゆる面に公共投資が高率の補助金付きで投下され、其のほとんどが最初に述べた様に沖縄に破壊的に作用しています。雨が降れば全ての工事現場や畑から赤土が流出し、ほとんどの川が真っ赤な泥水で満たされます。其の様は島が血を噴出しているかの様です。(口絵22参照)

これに加えて、産業保護政策の誤りの故に水資源を汚してしまっているのが、畜産廃水を無処理で流している中南部の河川です。汚れが酷く何の用途にも使えず、水と土と肥料を混ぜた状態で海に流してしまい、オニヒトデの発生が珊瑚礁も殺してしまっています。中南部の飲み水は北部に大きなダムをつくり、水を引いてきますが、毎年の様に断水騒ぎが起こります。観光客が増えるのはありがたいのですが、普通に住民の4~5倍も水を使うので、水不足は益々激化します。こういう具合に復帰以降沖縄の環境はドンドン壊されて、島を取り巻く珊瑚礁の9割以上は死んだと云われる程です。特に国民の税金を使って不要不急の工事で壊している側面が大きいだけに、納税者も沖縄県民も、税金の使われ方を強く監視しなければなりません。政治家や行政任せではこの島は融けてなくなり、この先生きていけないでしょう。

何時、島の人々が気が付くかが、成否を分ける鍵になると思います。

Q33 How has the environment changed since Okinawa's reversion to Japan ?

The environment is being extensively destroyed by various development projects. Okinawa's environment, restricted by its subtropical climate and small-island topology, is fragile in nature. Unfortunately. most development plans born on the mainland have not taken such conditions into consideration. Therefore, Tokyo's plans are destructive to OKINAWA's cnvironment. The AMERICAN military bases, occupying large areas in Okinawa, enjoy highly favorable locations and are sources of noise and vibrations. No comprehensive survey has been done of the extent of environmental pollution caused by the military bases. Nobody knows what harmful substances there are in the military land planned to be returned. PCBs (polychlorinated biphenyls) dumped in a corner of KADENA Air Base were only detected recently and became a subject of discussion. But it is a fact agreed upon by the U.S. -JAPAN Status Agreement that even when a military base that is on longer needed is returned, the U.S. government is not bound to restore the land to its original state.

While environmental pollution caused directly by the military bases is significant, what is more serious for the area affected is the destruction caused by the public works projects provided as a means of silencing those citizens who have to endure the damage caused by the bases. Because infrastructure was insufficiently developed during the period of the AMERICAN military rule, OKINAWA lags behind mainland JAPAN in many areas, In order to reduce the disparities, massive public works investments with extra subsidies have been poured in through various channels for the construction of roads and harbors, the development of rivers and farms, and bank protection works, among others. Almost all of these projects, as mentioned previously, have some destructive effects on OKINAWA's environment. The peculiar soil type locally known as “red soil” is washed out from construction sites and fields when there is heavy rain, causing pollution in most rivers. It looks as if the island is spouting blood. (see 22)

In addition to this, water resources are polluted because of the lack of systematic industrial protection policies. For example, stock farm wastes flushed away without any treatment pollute the rivers of the central and southern parts of the island. Because of the extremely polluted water, they cannot be used for any purpose and just run out to the sea as an odd mixture of water, soil, and manure, and then breed crown-of-thorns starfish, causing damage to colal reefs. Though huge dams have been built in the northern region to supply drinking water for the central and southern parts of the island, suspension of the water supply has become a serious annual problem. While the increase in tourist arrivals is welcome, tourists use four or five times more water than local residents, and this aggravates the water shortage. OKINAWA's natural environment has been destroyed to such an extent that 90% of the corals surrounding the island are said to be dead.

Since the destruction of the nevironment is caused by unnecessary construction and is paid for by taxpayers' money, Okinawans must keep close tabs on how this money is used. If we leave it to the politicians and administrators, the island will soon melt away and we will not survive.

Whether we can survive or not on this island will depend on how soon people wake up to the seriousness of the problems we are facing.

島二題



異形な姿に形を整え続けるその街は、嘗ての俺の知る古き良き時代の頃とは、比べ様の無い程に、すっかり違った、無味乾燥したものになってしまった。「齢50を重ねたオジさんには、気は重く。アノ日あの時に回帰するには、最早、自力でトリップするしか術は残されていない様な気がする。」

沖縄少年会館が、その姿を消す前後、まちぐわぁで出合った、一冊の本。数多くの歴史的建造物を残す、未だ見ぬ其の都は遥か遠く。其れでも、何時か、訪れる其の日を夢見、一日千秋の想いで、旅に支度を整えておこうか!。

出来れば、異邦人としてではなく、森の中の一葉のように、気負う事も、気後れする訳でもなく、其処に佇む一人として、恰も、其処の住人かの如く振る舞い、遜色のない自分で在りたい。その街でも、俺らしく振舞えたなら、若しかしたら其処が俺の、其の地こそが、俺の終の棲家に為り得るのかもしれない。



備長炭が欲しくて検索していたら、思いも依らぬ処に、其の店はあった。炭で焼いた肉は、其の素材本来の味を引き立ててくれる筈なのだが、其の前に通っていた、地元のヒトしか入らなさそうな、こぢんまりとした店で出された、焼き鳥程の味ではなかった。どの場所に居合わせても、「ゆんたく」は遠浅。深みにはまる事はマズない。雑然とした店内では、鳥達も本領を発揮する事も儘ならないのだろうか!!。ヒトの営みなのだから、結局、活かすも殺すもヒトに由る処が大きいようだ!。

其の島は、未だ12歳。大和の民は、敗戦から67年、やっと15歳へと成長しました。67年かけてやっと15歳マデ成長し、自我に目覚め、紙面を賑わせるまでになった。この勢いでいけば、33年後には、リッパで一人前の20歳を迎えそうだ。

今にして想えば、帝都の懐の深さが懐かしい。帝のお膝元に居を構える其の店は、味も然る事ながら、パワースポットとしての役割も十分に果たしていた。腹も気も十二分に満たしてくれる。そんな店との出会いは、此れから先、もう無さそうな気がする





 
 
》記事一覧表示

新着順:30/89 《前のページ | 次のページ》
/89