teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. テスト(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:49/89 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

BLACK RAIN

 投稿者:Twelve Y.O.  投稿日:2011年 9月24日(土)01時36分38秒
  通報 編集済
  http://www.youtube.com/wacth?v=95-bc1DZovg

駅前の乱開発が急ピッチで進んでいる。目と鼻の先に在る、市役所程の規模の其のビルは、もう直ぐ愚衆の前から其の姿を消すだろう。風の噂では、在日米軍がグアムへの移転を開始したらしい。Barack H Obamaが大統領に就任する直前から、そして今も、Americaを銘打つ保険のCMが頻繁に垂れ流されている。先般、俺は「新地球村宣言」と云う本を手に入れた。¥100というお手軽な価格で、ボリューム感タップリの肉厚で、ジューシーな内容にとつても時めいたからだ。

駅近くでのお買い物を済ませた後、避けて通れない事もない、其の駅前の乱開発の現場は、巨大利権の歪さを剰えお天道様の下に晒している。目の前で展開されている乱開発を見るに付け、マルで、其の本の中に書かれている事が、3Dの映画を体感しているかの様な、幻覚を覚えるが、残念ながら、其れは、其れが現実であり、リアルに覚める事のなく、色褪せる事も忘れさせてしまう程に、強烈な痕跡を残す(審判の日)迄。

俺的には、其れは新世紀に落とされた、ニュータイプのピカドンの様にも想えるのだが・・・。広島、長崎に落とされた旧タイプとは、明らかに異なり進化している。其のニュータイプのピカドンは、マークした其処だけを、跡形もなく確実に消し去るが、よっぽどのヘマをしない限りに措いては、一人の死者も出さない。数年後にはリニューアルされた摩天楼(伏魔殿)が姿を現す。敗戦から既に65年の日いずる国では、Give aNd Takeは、とっくの大昔に、死語と化している。宗主国の要求はGeve and GivE。モツトヨコセ マダマダ アルダロと、際限が無い。無制限ダ。☆チンコで云う処の確率変動(確変中)

マルで、爆弾でも落としたかの様に、建物を破壊し、其処に新たな商店街を出現させる。其処から派生した現ナマは、宗主国様の元に届けられ、Knife&Missile,銃弾等へと姿を変え、米兵の立つ其の地で戦火が上がり、草木一つ無い土地が広がる。大地は、無辜の民の流した血で、真っ赤に染まり、空は米軍の落としたミサイルの黒煙で、真っ黒に広がり、黒い雨が落ちる。

其の粒子レベルまでに、進化を遂げたニュータイプのピカドンは、ヒトの毛穴から侵入し、体内の末端まで侵蝕する。昭和50年代から平成の鈍な世代は、瞬く間に洗脳され、宗主国の先兵として、国内を掻き乱し隣国を監視する。宗主国の盾となり、矛となり忠節を表す。で、あるから見た目は黄色だが、中身は総てUSAと遜色ないから、隣国との関係を軽視し、宗主国との主従性を重視する。大海の距離をものとせず、「不純」と揶揄され様が、緊密な援助関係を継続中。

「好むと好まざるに関わらず、隣国と云うのは、厳然として其処に在る。其れを軽視し、米国との同盟関係を重視するとは、如何なものか」とは、故米原万理さんの、当時の小泉内閣総理大臣、こいづみじゆんいちろ-氏へのお忠言。
                                                                                                                        2010:09/06 17:55:39

http://www.youtube.com/watch?v=jC46eTGpf1M&feature=related

Re:欲望の街 REQUIOS Y.O.   http://www.youtube.com/watch?v=FhE2aahqiTk

俺の住む地方(痴呆)でも、日々利権は蠢いている。とは云っても、河を渡れば、其の国の未来を左右する権力機構の集中する街並みが広がる。謂わば、そんなpoWER(権力)ElitÖ達のBet toWnで、俺は厭嫌息してる。米軍基地一つ無いそんな街だから、サングラスを掛けても様にならない気取った奴。歩きながら携帯の画面を覗き込む人(観猿)。マスクをして、歩きながら(^。^)y-.。o○を吸う人(謂わ猿)。両耳をイヤホンで塞いで、外界の雑音をシャットアウトして歩いている人(訊か猿)で溢れている。

「非核平和都市宣言」の街で、人々は「平和」をめ--- 一杯噛み締め、、全身で受け止め享受している。街のアチラ此方で新築中の家がある一方で、乱開発は進み、古い街並みは一掃されようとしている。人々は無駄な出費を控え、終の棲家に投資する。其の横で、外環道の工事は刻々と進み、何れ立ち退きを迫られる事を当て込んだ上で、其処に居座り、立ち退き料をせしめる。県の不正経理(¥3,000,000,000)は、コンナ処にも影を落としているが、決して暗くは無い。外環道のライン上にあった建物は既に無く、1階にあったコンビニは、隣のブロックに引っ越していた。其の建物の一室を借りていた某NPOは、其の立ち退きでどれだけの利益を得たのだろう。其処の代表が、元牧師だと云うのだから呆れるばかりだ。利権蠢く街で、法の隙間をうまく掻い潜った、貧困ビジネスの成功例って処だろうか。

佐藤初女さんの著書「おむすびの祈り」に登場する、フランス系カナダ人ヴァ-レ神父の様に、ワザワザ海を渡って青森県に就き、宣教と社会福祉を両立(26年)する聖職者も稀なんだろうか。何れにしろ、人生色々、聖職者もピン☆キリって事なんだロ。聖職者として、人生を全うする人もいる。然し、其の職を捨て野に下り、貧困と心中しようとする人もいる。然し、其の貧相を目の当たりにした俺としては、何か「違うだろ」と云う、座り心地の悪さだけが、臀部に蓄積されたのは否めない。・・・が、クリスチャンでも無い俺が、口を挟む事でもない事も又、事実。

此処まで書き綴ると、ハタッと或る事に気が付かされる。BabeLの塔の濫立する過密都市程、脆弱な貧困層が形成し易い!。利便性だけを求めれば、其れに身を任せ、身を委ねてさえいれば、エスカレーター式に墓穴にポトリと落としてくれる。後は、死骸の腐敗臭を嫌がる者達が、勝手に其の穴を埋めてくれる。

が、然し、沖縄はどうも其れとは違う。独立自尊の文化を色濃く形成している。・・・が、米国軍支配下を65年間許し、真綿で首を絞めるかの如く、ジワジワと崩壊の時を、時々刻々と刻んでいるかの様にも想える・・・が、モシその様な事態に其の民族が陥った場合、日米の国家権力が、大きく枢軸として関与した事は否定できない。・・・が、然し、2010年6月時点に於いて、未だ民主主義は生きていると信じたい。2045迄、後35年ある。燃し其の時、俺が生きていれば、80歳に成っている。其の間に、決定的瞬間に出会すかもしれないし、其れはないかもしれない。取り敢えず、其処に照準を絞り、誓願としよう。・・・と、日記には書いておこう。

http://www.youtube.com/watch?v=rKDeVm8OaVY&feature=related

                                                                                                                       2010/09/06 00:11:15

http://www.youtube.com/watch?v=pctS5azIjdc

 
 
》記事一覧表示

新着順:49/89 《前のページ | 次のページ》
/89